2016年09月28日

"シナリオ"ではなく"小説"を書く理由

ここはゲーム制作ブログのようではありますが、その本質は違います。
なぜなら、ゲームを作ることを主体としていないからです。
つまり、エンターテイメントとして「独立」して成立している分野であれば、
まずはその単独で成立している状態を目指すということです。

その後で、「小説」+「イラスト」(+漫画独自の技術)=「漫画」
のような形態の作品にも挑戦する予定です。
ゲームもまさにこれですね。
最低限成立する形のものができれば、あとはこちらのものです。

というわけで、ここでは小説を書きます。
「萌え」るものが書きたいので、
目指すのは「電撃文庫風」、
あるいは「小説家になろう風」の作品になると思います。

次回から実際にプロットなどを考えていきます。
posted by timeno at 02:47| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: